スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自業自得とはこのことである。

今日の試合。

簡潔に説明すると同じレオナと2回チームになった。

1試合目。
カイルを使う。MIDに行き、gankの嵐に合う。私は10分で4deadした。なにも言うことはあるまい。そうして席を立ちラーメンを作りにいったのだ。その時TOPのムンドはすでにしゃぶられており、土下座すら許されない状況であった。
私の対面はというと鬼神となり、まるで鬼のようであった。

6分ほどAFKしているとレオナが発狂していた。今回は自分が悪かったと思いつつもトップに責任を擦り付けるがMIDのせいだといいはっている。
気づけばレオナは13DEADしており、敵は私の本拠地にいた。

2試合目
レオナと出会う。わざわざ4分ほどまって試合したのにも関わらずレオナに出会う。
まだ根に持っている。開幕彼女は言った。
「THIS KAYLE」
最初レオナに出会うと思っていなかった私はゾッとした。そして1試合前の履歴をみたら同じ名前の奴がいた。
奴はいった。
「俺はトロールするぜッ!ヘイマーをつかってやる」
リバイブとテレポを持ちまるで不死鳥のようだった。

私はこの試合トップにTEEMOでいった。
試合が無事始まり、ヘイマーはトップにきた。
ボットはエズ1人で彼は2deadしcs9という悲しみを背負いleaveした。
このときからヘイマーが私を煽りだす。

ここからが悪魔の始まりである。
へいまーは過去のをむさぼり返し、俺がトロールしたのは先私がfeedしてafkしたからだと。
そういえば先の試合私は「TROLL MODE ON」といい放置したなと思い返し「dont cry leona」といった。
この言葉が相当頭に来たのだろう。
長文で私を煽ってくる。
味方はというと、リバイブとテレポを持ったヘイマーが悪いといい、ついには敵もヘイマーが悪いといい始めた。
完全に私が有利の状況だ。
私はとどめの一言を放つ。
「this heimer did troll last game.He said TROLL MODE ON」
私が行った行為を全てヘイマーになすりつける。

気分が良い。最高だ。

試合に負けたのは残念だがまぁしょうがないと思いつつヘイマーをレポートしフレンド認証を送った。
返事はなく、ブラックリストに入れられたのか彼の履歴は見ることが出来なかった。
promoとかうんたらかんたらといっていた彼と二度と同じチームになることはないだろう。

めでたしめでたし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。